【30代】不妊治療1年半の記録と妊娠までの歩み

コラム
この記事は約7分で読めます。

不妊治療って、本当に大変ですよね。体力もメンタルもお金も時間も、色んな負担があると思います。

この記事は、 32歳の主婦である私の不妊治療の記録と、妊娠までの歩みをまとめたものです。

辛かったこと、どんな過程を経て妊娠に至ったのかを書いています。
自分のためにも、残しておこうと思いました。

今まさに不妊治療に悩んでる方はもちろん、妊活って実際どうなんだろうという感覚の方にも、いち体験として参考になれば嬉しいです。

不妊治療記録とかかったお金

おぐの不妊治療記録
  • 2019.10.26
    クリニックデビュー
  • 2019.12.14
    初めての妊娠判定
    心拍が確認できず、天使ちゃんになる
  • 2020.02.15
    治療再開
    気持ちを立て直し、前向きに妊活に取り組む決意を
  • 2020.03月
    子宮卵管造影検査で、左卵管が完全閉塞と診断
    手術をしても、すぐ閉じてしまう可能性があるとのこと。この月は、毎週計4回通院
  • 2020.04~07月
    コロナのため、通院を中断
    毎月、タイミング法をがんばる
  • 2020.08.22
    治療再開。初の精子検査へ
    運動率・正常形態率が基準値以下。
    特に「速度が速く直進する精子」は基準値 25 %以上に対し、3.3%…
  • 2020.09.19
    1回目の人工授精(AIH)
    結果は×。09.05、09.18も通院
  • 2020.10.13
    2回目の人工授精(AIH)
    結果は×。10.03、10.12、10.31も通院
  • 2020.12~2021.01
    転職活動のため、治療ストップ
    毎月、タイミング法をがんばる
  • 2021.02.05
    治療再開
    02.06、02.08、02.09も通院
  • 2021.03.13
    引越しのため転院
    この1年半を振り返り、通い続けた病院で号泣する
  • 2021.03.27
    転院先の病院で改めて診察
    風疹抗体の注射が必須の病院のため、治療の一時中断を決意
  • 2021.04.10
    転院先に2回目の通院
    卵管閉塞や精子の数値を理由に、体外受精を勧められる
  • 2021.04.21
    妊娠判明
    妊娠検査薬で陽性となる

クリニックデビューから妊娠判定まで、約1年半かかってます

 \治療にかかった総額/

 総額:¥ 173,112
  • 診療代:¥ 163,912 *人工授精 1回につき約 ¥ 30,000。転院先の初診料も¥ 30,000以上
  • 交通費:¥ 9,200  *通院回数 計 23回
  • 妊娠検査薬などの雑費は含みません

【もう嫌だ】妊活中、特に辛かったこと

不妊治療もう嫌だ_おぐブログ
不妊治療はメンタルやられちゃう…
  1. 通院をずっと続けても、結果が出ない

    ①毎回狙ってタイミングをする ②毎週薬も飲んで痛い注射もしてる ③生活習慣も気をつけてる
    ④閉じてない方の排卵で、精子の数字も良い
    でも妊娠できない。原因もわからず、時間だけが過ぎていくのが本当に辛かったですね。

    あと私の場合、主治医の先生が全然親身になってくれず、治療に希望がないのも大きかったです。

    どんな相談をしても「あなたは1度妊娠しているから」と答えが返ってこない。
    人工授精に2回失敗しても「人の体なんてそんなもの」と、まともに診察しているの?という不信感がストレスでした。。

  2. とにかく毎日が不安。妊活が頭から離れない

    ・35歳を過ぎたら、一気に妊娠率も下がってしまう。このままできなかったら、どうしよう。
    ・大好きな夫を、#パパにしてあげたい。孫を楽しみにしている両家の両親を喜ばせたい。

    自分の人生だけの問題ではないから、不安もプレッシャーもどんどん大きくなりました。

  3. 後から妊活を始めた友人が、先に妊娠する

    喜びと同時に、なんで?という苛立ちや羨ましさも。
    私たちより生活習慣も悪いのに!毎晩遅くまで仕事して、タバコもお酒も飲んでるのに、どうして私たちより先に妊娠できるの?と。

    競争じゃないとわかってても、この気持ちはどうしようもないと思っています。

    私の場合、メンタルが1番キツかったです…

【メンタルの保ち方】私が不妊治療をがんばれた理由

不妊治療メンタルの保ち方_おぐブログ
家族がいてくれたからツラい不妊治療も頑張れました

ズバリ、 家族が支えてくれたからです。

夫は本当に優しい人で、どんな時も話を聞いてくれました。
大好きな夫の家族が欲しい!というのが、1番の私のモチベーションだったかもしれません。

また、私より大変な不妊治療をしていた妹は、4回目の人工授精で無事妊娠。元気な赤ちゃんを出産しました。お互いに頑張ろうと、励まし合える存在って心強かったです。

実家の両親もいつも応援してくれました。義両親からはプレッシャーをかけられるような言葉は1度も言われたことなく、見守っていてくれました。

何も言わず見守るのって、実は難しいですよね。ありがたかったです。

【妊活中】やったことと、できなかったこと

 \私(妻)がやったこと/

  • 葉酸サプリを飲む
  • 24時過ぎには寝る
  • 湯船にほぼ毎日入る
  • 毎日 水を1ℓ以上飲む
  • 素焼きのミックスナッツを食べる
  • 週に一回は必ず、40分以上歩く日を作る
  • 食生活に気をつける。外食もなるべくバランスの良い定食など。

 \夫がやったこと/

  • 深夜残業をやめる。早寝早起き。
  • 適度な運動。アソコを温めない。
  • タバコはもともと吸っていない。お酒は控える。

当たり前のことですが、妊娠3ヶ月前からは特に徹底して生活していました。

精子の数字は、特に生活習慣で影響が出やすいと聞きますよね。
1番の効果は、深夜残業をやめて、早寝早起きになったことだと思います!

治療では授からなかったけど、生活習慣を徹底したら自然妊娠できました

 \私(妻)ができなかったこと/

  • 基礎体温を測る
  • 1日1回、カップ1杯分のコーヒーを飲む

起床時間がいつも違うので、基礎体温は計らなかったし続きませんでした。
病院からは記録するよう言われましたが、一喜一憂したくなかったので貫きましたね。

また、私はとにかくコーヒーが大好きで、我慢はしませんでした。
出勤する日は朝一でコーヒーショップで購入し、自宅でも淹れたてを作ってました。

ですが、少し飲み過ぎかなと思い、カフェインレスを調べて試したりしましたね!

\私が妊活中に使用したグッズは、楽天Roomに掲載中です/

【妊娠判定】妊娠初期症状と当時の気持ち

妊娠初期症状_おぐブログ
【妊娠初期症状】体温は約37℃、おっぱいもとても張りました

妊娠検査薬で妊娠判定が出るまで、私の場合、主に下記症状でした。着床出血は特になかったです。

  • 37℃近い微熱が1週間以上続く
  • おっぱいが張る

陽性反応を見たときの素直な気持ちは、「まだ安心できない」でした。

心拍が確認できず流産した経験があったので、本当に大丈夫かなという心配の方が大きかったです。
前進できた嬉しさより、無事に育ってくれるかという不安な現実を考えてしまいました。

女性って、こういう思考回路でできてるのかもしれませんね。。

【まとめ】妊活から妊娠までの振り返りと、伝えたいこと

妊活では生活習慣が大切_おぐブログ
我が家の妊活ルール。箇条書きにすると、いちいちケンカにもならないのでおすすめ★

もし、不妊治療や妊活で悩んでいる方が、この記事を読んでくれているなら。私が伝えたいことは、

人間らしい生活を送ることの大切さ  です。

生活習慣を直すぐらいで妊娠できたら苦労しないと思われる方もいるかもしれません。

でも、人の体って本当に正直にできている。
資本の体を整えないと、いくら治療してもダメなんだと、今回の妊娠で一番私が実感したことです。

私は体外受精をしたわけではないけど、この1年半、毎日不妊治療と向き合ってきました。
この記事が、少しでも妊活を頑張っている方の参考になると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました