【Gotoトラベル】五つ星ホテルのマンダリンオリエンタル東京に泊まったよ!

マンダリンオリエンタル東京のメインロビー 旅行
この記事は約7分で読めます。
マンダリンオリエンタル東京のシンボルマーク
マンダリンオリエンタル東京のシンボルマーク「扇子」

「Forbesトラベルガイド」において、最高評価である五つ星を獲得したマンダリンオリエンタル東京。
その他にも、世界的に権威ある賞に輝いている超一流のラグジュアリーホテルです。

一生に一度は泊まりたい憧れのホテルに、Gotoトラベルキャンペーンを使ってお得に宿泊してきました。

利用したお部屋から豪華なラウンジまで、マンダリンの素晴らしさをご紹介します。
とにかく幸せで感動の体験ができ、人生の特別な思い出になりました。

大人2人の合計費用と利用した施設

マンダリンオリエンタル東京のメインロビー
調度品や内装がとっても豪華です
【利用したプラン】34階 デラックスプレミアキング(50平米)
【日にち】2020.11/7(土)~8(日)
+90,321(朝食付き宿泊料金)
-12,962(今回のプランで付与された一休ポイント)
-28,000(Gotoトラベルキャンペーン割引)
-12,000(地域共通クーポン)
+16,250(アフタヌーンティー利用)
+5,566(Bar利用)

= 合計 ¥59,175

ラウンジでのアフタヌーンティーとBar、朝食も含めて一人¥30,000以下。
お得すぎます!

重厚なエントランスとチェックイン手続き

マンダリンオリエンタル東京は、日本橋の三越前駅から直結しています。
直結入口はこちら。

マンダリンオリエンタル東京の直結入口
駅から直結なので雨が降っても大丈夫

地上入口はこちら。地上の方はホテルのドアマンが常駐しており、お見送りや案内をしてくれてました。

マンダリンオリエンタル東京の正面エントランス
重厚な正面エントランス

チェックイン手続は最上階の38階フロントなので、エレベーターで一気に上ります。
到着すると、高い天井と圧巻の空間が広がったメインロビーがお出迎え。

ですが、Gotoトラベル期間中ということもあり2つしかないレセプションには長蛇の列が…。
15~20分ほど並んでる間、マンダリンオリジナルティーを提供いただきました。

マンダリンオリエンタル東京のメインロビー
多くの人のチェックインがひと段落したロビー

天空のラウンジでアフタヌーンティーを楽しむ

いよいよお部屋!の前に、予約していたアフタヌーンティーへ。
マンダリンのアフタヌーンティーは有名で、絶対行きたかったので予約取れてよかったです。

こちらのオリエンタルラウンジでは、軽食やカクテルもあるのでおすすめです。

マンダリンオリエンタルラウンジ一休公式
画像引用:一休公式

窓際の豪華な席に通してもらえました。そして、38階の景色を楽しんでいると、きました!
可愛らしく豪華に盛られたこの3段ティースタンドをみると、いつも心がときめきます。

マンダリンオリエンタル東京のアフタヌーンティー
この他にもスコーン等でテーブルがいっぱいに

飲み物は何杯でもおかわりでき、なくなったらこまめに声がけしてくれます。
どれも美味しいですが、シーズン限定のキャラメルティーやパウンドケーキが特にお気に入り。

アフタヌーンティーって女子大生とか若い女の子ばかりのイメージかもしれませんね。
でもマンダリンのようなワンランク上のホテルなら、マダムも結構いらっしゃるので、ゆっくり優雅に楽しめますよ。
お支払いは地域共通クーポン12,000円分が適用できたので、お得に楽しめました。Goto様様です。

50平米の上質なお部屋と最高級のアメニティ

さぁメインのお部屋へ。ゲストルームは30~36階なのですが、私たちは34階の高階層でした。
高ければ高いほど嬉しいですよね。ドキドキの対面です。

マンダリンオリエンタル東京のお部屋
iPhoneの広角レンズで撮影

ドアを開けると、まず最初に感じたのはすごく広い! 
ゆったりと落ち着きのある空間には、幅180cm×長さ203cmのキングサイズベッドと大型45インチのテレビが並んでます。お布団も枕もふかふかで極上だし、こんな大きなテレビ今まで見たことないです。

そして、大きな窓には高層階ならではの絶景が!
地平線まで見渡せる壮大さに、夜景への期待も自然と膨らみますね。

マンダリンオリエンタル東京お部屋からの絶景
このソファに座って絶景を眺めるのが最高でした

ウェルカムドリンクとクッキーも置いてありました。
このマンダリンオリエンタルティーは味が濃いのにさっぱり飲みやすかったです。烏龍茶がベースだった気がします。

マンダリンオリエンタルオリジナルティーとクッキー
クッキーとオリジナルティー美味しかった

そして、アメニティーはなんとあのBOTTEGA VENETA!
高貴で上品な香りに包まれるバスタイムは至福のひとときでした。
余った分は自宅で使い切ったのですが、帰宅後も余韻に浸れるぐらいとっても良い香りでした。

ボッテガヴェネタのアメニティ
高貴なお金持ちのような香りがしました(笑)

大きく深めのバスタブは大人2人入っても余裕の広さです。入浴剤もバスローブももちろん完備。

ちなみに、私がクレンジングオイルを忘れてしまったのですが、受付に電話するとスキンケアの一式セットをくれました。クレンジング・洗顔・化粧水・乳液のセットで、丸ごと忘れて困ってたためサービスに感動だし本当に助かった。

マンダリンオリエンタル東京のバスタブとバスローブ
バスローブは高級ホテルならでは質感

幻想的な雰囲気に酔いしれるマンダリンバー

お部屋でのんびりしたあと、22時頃にバーを訪れました。
Gotoで宿泊客がいつもより多いのか、隣の広東料理レストランまでお客さんで満席。皆さま想いおもいに過ごしているのと、最高級ホテルならではの壮麗な雰囲気に、自然とテンションが上がります。

窓際のテーブルに座り、メニューを拝見。カクテルやウィスキーがたくさんあり種類豊富です。
せっかくだからお洒落な1杯を頼もうかと悩みましたが、お酒強くないので夫と2人でビールに決定(笑)

小腹が空いていたのでフライドポテトと、お通しも付いてきました。

マンダリンバーで大人のひととき
ビールは量たっぷり。おかきとオリーブのお通し

まさに非日常な空間で至福のひとときでした。ほろ酔いでジャンクなフライドポテトを食べながら、背徳感と多幸感に包まれます。

たまには、こんな特別な時間を過ごすのも日頃のご褒美ですよね。
気分が良いまま、あの贅沢なお部屋に帰れるのも幸せです。お部屋の電気を消して、2人っきりで夜景を眺めながらのんびり就寝です。

お部屋での夜景とマンダリンオリジナルティー
冷やしておいたマンダリンオリジナルティー

ダイニングレストランのケシキで優雅な朝食を

朝食は洋食が3種類、ワッフル等のスイーツタイプや和食といくつかのコースの中から選べるスタイル。
インルームとしてお部屋に運んでもらうことも可能です。

私たちはせっかくなので、ケシキというダイニングで楽しむことに。こちらでも窓際に案内してもらえました。今回、総じて良い場所や席に案内してもらえたので嬉しい。

ダイニングレストランのケシキで優雅な朝食
朝から思いっきり食べれて気持ちがいい!

かなりのボリュームなので、ブッフェじゃなくても大満足です。特に美味しかったのが、フロランタンという卵料理で絶品でした。

【おまけ】
今回残念ながら枠が取れなかったのですが、ザ・スパのヒート&ウォーターエリアとサウナはぜひ行ってみてください。宿泊客なら無料で利用できます。
特に、こんな高層階ならでの景色が見られるサウナは中々ありません。次こそはリベンジです。

マンダリンオリエンタル東京のサウナ
画像引用:一休公式

【まとめ】最高のホスピタリティを一度は味わってみて!

満足ポイント 3点

  • 五つ星ならではの素晴らしいホスピタリティに感動

    今回、すべての場面において徹底した丁寧な接客をしてもらえました。写真をお願いしたりレセプションに電話したりと、どこで関わっても皆さま優しい気遣いをしてくれます。

    Gotoトラベルで慣れない忙しさに四苦八苦している様子でしたが、そんな中でも一人ひとりのお客様と向き合う姿勢は、超一流ホテルだからこそと思いました。

  • お部屋のクオリティが高い

    思わず息を呑むような大パノラマの景色を優雅に眺めるためのソファ。
    アロマハーブの専門店「生活の木」と共同開発した香り高いオイルが置いてあり、スリッパもしっかりしたタオル地。

  • ボウズという持ち運びできる音楽スピーカが置いてあった

    個人的にちょっと感動だったポイントです。
    非日常の雰囲気と相まって、いつもの洋楽やお気に入りの曲を聴いてると一層特別な時間になりました。
    お風呂にも持っていけるのが良いです。

マンダリンオリエンタル東京のお部屋のボウズ
ボウズが良すぎて、ググったら3万と意外と安かった

惜しいポイント

  • すべてに待ち時間がかかる
    宿泊客がいつもより多いのか、総じて待ち時間が少し長かったです。
    例えばレセプションやバー、サウナの受付でも順番待ちや料理が運ばれてくる時間が長い…。
    Gotoトラベルで宿泊客がいつもより多いのか、多少は仕方ないですが。

    もう少し迅速だと嬉しかったなという印象ですが、我慢できない程ではありません。どんなときも丁寧な接客は変わらずでしたので。

総評 定価10万でも、また絶対泊まりたいホテルです

実はコロナ前の昨年、同じく超一流のリッツカールトン東京に定価で宿泊したのですが、このレベルのホテルに定期的に泊まるのは大切な経験だと思うのです。
こんな世界があるんだという刺激的な発見のおかげで、毎日の生活もがんばれるし未来の活力になるんじゃないかなと。

今回もリッツも、私はいつも一休で予約をしています

一休は他のサイトより見やすいし、掲載されてるホテルのレベルが高いのが魅力です。

感動をくれたマンダリンオリエンタル東京、おすすめなので是非訪れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました